僕は個展を開く。そして、新生児医療を盛り上げる。

僕は個展を開く。そして、新生児医療を盛り上げる。

この記事はnoteより「僕は個展を開く。そして、新生児医療を盛り上げる。」 原作者:とおやまたかし さんの記事の紹介しております。


ぼくは、美大に行ったこともなければ画家としての実績もないど素人です。
そんなど素人が、絵を描くようになったのは、自分だけの表現方法を持っている人たちに憧れたからです
あと、変わった人間だと思われたい欲求みたいなものもあります。

 

そんな人間が、いま考えられる最大の幸せは、個展を開いて人に来てもらうことです。

 

自分の作った作品を人が見に来てくれる。会いに来てくれる。

 

これ以上の幸せはありません。おしっこ漏らすと思います。だから、個展当日はオムツをはこうと思います。
幸い、看護師なのでオムツの当て方は上手です。なんとなくサ○バが好きです。

 

そして、絵で得たお金はNICU・GCUに寄付したいと思います。

 

NICUは新生児集中治療室、GCUは発達支援室です。ぼくは赤ちゃんが大好きです。
これまでの看護師人生、赤ちゃんのために生きてきました。

 

これからもNICUに関わっていきたい。
NICUで僕ができなかったことを、次の世代の看護師さんたちに託したい。
そして、これからもぼくなりの形で新生児医療に関わっていきたいと思います。

 

僕は、2020年に個展を開く。そして、これからも新生児医療の発展に尽力します。やっぱり赤ちゃんが大好きだから。


とおやまたかしさん

看護師として働いていたが、うつ病と甲状腺癌を発症し病院を退職。2年間の療養を経て、現在はグラフィックアーティストとして活動中。
2020年までに個展を開催し、利益は新生児医療に使用すると公表し活動を続けている。

twitter:https://twitter.com/TakashiTohyama

instagram:https://www.instagram.com/tohyamatakasi/?hl=ja

 

 

kiji-boshu-20190725_2

 

支援の方法を知るカテゴリの最新記事

アンケート

 

きふるでは、寄付に関する世の中の捉え方や考え方を集めており、もっとより良い記事を皆さんにお届けしたいと考えています。

 

アンケートご協力いただけると幸いです。

 

アンケートに回答する