【奨学金で子どもたちの教育を応援したい方必見】奨学金への寄附ができる団体・基金3選

【奨学金で子どもたちの教育を応援したい方必見】奨学金への寄附ができる団体・基金3選

「学校に行きたいけれど、家計が厳しくて働かなければならない。」

「もっと勉強がしたいのに、進学するお金がない。」

「親を亡くし、進学を諦めなければならない。」

「親が病気で働くことができないため、自分が働かなければならない。」

勉強したいのに、このような経済的な理由で教育を受けることができない子どもたちが多くいます。

このような子どもたちを支援するために、奨学金制度というものがあります。

今回は、この奨学金について深堀りしていきます。

 

奨学金について

奨学金とは、経済的理由で大学などの学校に通えない学生のために、学費や生活費を貸し出す制度です。

奨学金にも様々な種類があります。

 

今回は、日本で最も利用している学生が多い、日本学生支援機構の奨学金を例に取り上げます。

日本学生支援機構の奨学金は、返還義務のある貸与型返還義務のない給付型などがあります。

 

貸与型(返済義務あり/借りて返す)

貸与型の中にも、無利息の第一種と、利息有りの第二種があります。

 

無利息の第一種

返還義務はあるものの利息が付かないため、学生の間に借りたそのままの金額を卒業後に返還していくことになります。

 

この第一種の奨学金は、無利子で借りることができるため希望者は多く、審査の通過は難しいと言われています。

採用基準も定められており、成績や世帯年収などの基準があります。

 

さらに進級するたびに成績審査があり、著しく下がった場合は給付の廃止または給付した分の返還が求められます。

 

利息有りの第二種

利子が付く第二種は、最大3%の利息付きで借りることができる奨学金です。

この第二種にも、所属している学校の平均以上の成績などの様々な基準があります。

 

たとえば第二種(機関保証)で月額8万円を4年間借りた場合、返済総額は384万円ですが、これに保証料が約20万円かかります。

さらに利率0.5%(固定)で20年かけて返済した場合、トータルで利息も約20万円発生します。

参考:JASSO/奨学金貸与・返還シミュレーション

アイキャッチ_奨学金

給付型(返済義務なし)

この給付型の奨学金は返還義務がありません。

しかし、誰もが申し込みできるわけではなく、また審査基準も厳しいです。

これまでの貸与型奨学金の予約採用においては、機構が示す推薦基準に基づき各高等学校等からの推薦をお願いしてきたところですが、給付奨学生の選考では、これまでの一律の基準による選考ではなく、高等学校等における様々な学習活動等の成果を踏まえて生徒等の学力・資質を評価し選考する方法により行うこととしているため、各高等学校等において、その教育目標を踏まえた推薦基準を定めていただくこととしています。

参考:独立行政法人日本学生支援機構/給付奨学生採用候補者の推薦に係る指針(ガイドライン)

 

要するに、給付型の場合は高校ごとに基準を決め、推薦者を決めていいということになります。

しかし、その推薦者にも選考対象がもうけられています。

 

○ 給付奨学生採用候補者の選考は、以下のいずれかに該当する者の中から行うこととする。

① 家計支持者が個人住民税(市町村民税)所得割を課されていないこと(奨学金申込年度の課税証明書に記載の所得割額が0円であること)

② 生活保護を受給していること(奨学金申込日現在において保護費を受給していること)

③ 社会的養護を必要とする生徒等の場合は、児童福祉法(昭和 22 年法律第 164号)上の措置として以下の施設等に入所等していること(生徒等が 18 歳時点で入所等していた(又はしていることが見込まれる)こと)

・児童養護施設(児童福祉法第 41 条に規定する施設)

・児童心理治療施設(同法第 43 条の2に規定する施設)

・児童自立支援施設(同法第 44 条に規定する施設)

・児童自立生活援助事業(自立援助ホーム)を行う者(同法第6条の3第1

項に規定する事業を行う者)

・小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)を行う者(同法第6条の

3第8項に規定する事業を行う者)

・里親(同法第6条の4に規定する者)

 

※ 社会的養護とは、保護者のない児童、被虐待児など家庭環境上養護を必要とする児童などに対し、公的な責任として、社会的に行う養護のこと。社会的養護が必要な生徒とは、具体的には、児童福祉法上の措置として児童養護施設に入所する者や里親の下で養育される者等を指す。

 

参考:独立行政法人日本学生支援機構/給付奨学生採用候補者の推薦に係る指針(ガイドライン)

 

また、その他にも奨学生にふさわしい人物であるかどうか、学校生活の態度など、総合的に評価されるということになります。

 

しかし、奨学生である以上、奨学生の自覚をもって学業に専念しなければなりません。

学業成績が著しく不振である場合などは、給付奨学金の支給が廃止になる可能性も少なくありません。

また、支給済みの金額の一部を返還しなければならなくなる場合もあります。

 

このように、奨学金にもさまざまな種類や条件があることが分かりました。

 

奨学金の問題点

現在、大学・短大進学者の2.6人に1人(38.5%)が奨学金を借りています。

これは2005年の3.9人に1人(25.6%)から、10年で1.5倍に増えています。

参考:日本学生支援機構/日本学生支援機構について・2017年3月

 

また近年では世帯年収が年々減少しているのにもかかわらず、学費は年々上昇しています。

そのため、経済的な理由で奨学金を借りる学生の割合が年々増加しています。

 

また、非正規雇用の割合が増える一方で、借りた奨学金を返すことができないという人が増えています。

そんな社会の現状を知った子どもたちは、将来自分が奨学金が返せなくなることを恐れ、学校に行きながら夜の世界で働く学生も増えているそうです。

 

また、奨学金を借りて進学したものの、在学中に親が亡くなった、失業したなどといった理由で、学業を諦めて働かなければならない、という学生もいます。

子ども達の「もっと勉強したい」を応援するために。

金銭的な理由で学業に夢中になることができない子ども達を一人でも救うために、私たちができることはなんでしょうか?

子どもたちがまっすぐ夢に向かって頑張る姿を応援してみませんか?

 

日本の未来をあなたの寄附でつくってみませんか?

 

そこで今回は奨学金への寄附を受け付けている団体・機関を4つ紹介いたします。

 

①トビタテ!留学JAPAN

トビタテ!留学JAPANとは

政府だけではなく、官民協働のもと社会総掛かりで取り組む「留学促進キャンペーン」です。

目的:
意欲と能力ある全ての日本の若者が、海外留学に自ら一歩を踏み出す機運を醸成すること

 

 

このキャンペーンは、文部科学省により2013年より開始されました。

政府だけでなく、社会総掛かりで取り組むことにより大きな効果が得られるものと考え、各分野で活躍されている方々や民間企業からの御支援や御寄附などにより、官民協働で「グローバル人材育成コミュティ」を形成し、将来世界で活躍できるグローバル人材の育成を目指しています。

東京オリンピック/パラリンピックが開催される2020年までに、大学生の海外留学12万人(現状6万人)、高校生の海外留学6万人(現状3万人)への倍増を目指します。

お金を理由に夢を諦める学生を救う

「海外で〇〇に挑戦したい。」

「最先端の技術を持った国で学びたい。」

「外国で学んだ知識を日本に持ち帰り活かしたい。」

「日本でまだ誰もやったことがないことを学びたい。」

 

夢を持っている子ども達はたくさんいます。

しかし、海外での挑戦となると、もちろん気になるのが金銭面。

このトビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムは、集められた寄附をもとに運営されています。

 

お金がなくて自分の夢に挑戦できない学生を、寄附で応援してみませんか。

 

奨学生への支援ー返済不要の奨学金

世界で活躍できる多様な人材を育てるため、ユニークな留学計画も支援しています。アカデミックな留学のみならず、海外ベンチャー企業やNPOでのインターンシップ、発展途上国でのフィールドワークなど、多様な活動をバックアップしています。

渡航先や期間によって異なりますが、日本代表プログラムでは、大学生に約150万円(平均滞在期間9か月)、高校生に50万円(平均滞在期間1か月)の返済不要の奨学金を給付しています。

参考:トビタテ!留学JAPAN公式ホームページ

 

寄附金の使用用途

トビタテ1

トビタテ2

参考:トビタテ!留学JAPAN公式ホームページ

上のグラフを見てもらったら分かるように、集められた寄附金はしっかりと学生のもとに届きます。

あなたも羽ばたく学生たちの応援団の一員に、あなたもなりませんか。

②あしなが育英会

 

あしなが

参考:あしなが育英会公式ホームページ

あしなが育英会とは

病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間の非営利団体です。

この団体は、1967年に交通事故遺児を励ます会として生まれ、これまでたくさんの遺児を支援してきました。

日本の教育現場の現状

あしなが育英会より、下記データが公開されています。

国内遺児の現状
・保護者の手取り月収ー13.8万円
・教育費不足ー67%
・経済的理由で進学断念ー53%

 

子どもにとって親との死別は、この上ない喪失体験となります。

経済的基盤のみならず精神的・文化的な支えを失ってしまいます。

特に災害や自殺のような突然死は大きなショックを与えます。

昨日まで当然だったことがそうではないと知らされ、大切な人の存在が「もろいものだ」ということなどを突きつけるからです。

 

がんなどの病気を患った親の長期の闘病生活を共にしている子どもは、迫り来る死におびえた経験をしているかもしれません。

あるいは逆に子どもに心配をさせまいとする周囲の大人たちの配慮から何も知らされず、結果的に突然のように親の死を告げられた体験をもつ遺児もいます。

 

98年以降連続で、自殺者が3万人を超える今日、自死遺児の心の傷は深刻です。

自死の場合は突然の死というショックと共に、本当の原因がわからないために生じる親に対する疑心暗鬼や「自分のせいで死んだ」「自分はなにもしてやれなかった」という自責感、「自分は捨てられたんだ、愛されてなかったんだ」という恨みや失望感などにさいなまれます。

さらに、世間の目に対する怯えが追い討ちをかけます。

家族や親戚から「親が自殺したとは決して言うな」と口止めされる一方で、「周囲に知れたらどうしよう」という不安のなかで、ついに誰にも心を打ち明けることもなく孤独に陥っていくのです。

参考:あしなが育英会公式ホームページ

 

病気・災害・自死などで親を亡くした子どもたちは、経済的な理由で進学をあきらめることが少なくありません。

そんな遺児たちの進学の夢を、そっと継続的に支援してくださる方のことを、「あしながさん」とお呼びしています。

これは、アメリカの小説『あしながおじさん』にちなんだものです。

 

あしなが育英会は、国などからの補助金・助成金は受けず、すべて寄付金で運営されています。

あなたも、子どもたちの””あしながおじさん””になってみませんか。

 

③公益財団法人民際センター

ミンサイ

参考:公益社団法人民際センター公式ホームページ

民際センターとは

この団体の支援先は海外(ラオス・カンボジア・タイ・ミャンマー・ベトナムなどの主に東南アジアの貧困地域)に暮らす子どもたちを支援しています。

 

教育貧困国

近年爆発的な経済発展をしている東南アジアですが、経済発展とともに年と農村部の経済格差は大きくなるばかりで、貧富の差は広がるばかりです。

そして、日本のように義務教育が定められていない国も多くあり、家庭が貧しい家庭に生まれた子どもは学校に通うことができずに、教養がないまま大人になってしまう子も少なくはありません。

 

また、子どもの数に対して教師の数が圧倒的に足りていません。

原因は待遇の差です。

 

農村部は賃金が非常に低いため、教師たちは都市部へと出て行きます

そのため、農村部の子どもたちは教育を受ける場所がなくなってしまいつつあります。

 

また、教育を受けずに育った子どもたちは大人になっても低賃金な職業に就くことしかできず、結婚し家族ができても貧しい生活を送ることになります。

教育を受けることができずに、””負のスパイラル””が発生しているんです。

ダルニー奨学金の特徴

この負のスパイラルから子どもたちを助け出すために生まれたのがダルニー奨学金です。

これは、経済的貧困で中学生教育を受けられない子どもたちを支援する、国際教育里親システム

 

民際センターのダルニー奨学金は、他とは少し違った仕組みになっており、支援者一人につき、一人の子どもを中学入学から卒業まで支援する仕組みとなっております。

支援者は自分がどの子を応援しているのか分かる上に、子どもには誰が自分を支援してくれているのかを伝える””1対1の顔の見える教育支援””となっています。

 

今までに、約400,000人以上の子どもたちの中学就学が実現しています。

毎年、支援する子どもの写真と現状を記した報告書が手元に届き、年々の成長を実感することができます。

 

1対1の顔が見える教育支援で、あなたも応援してみませんか?

民際センターについては他の記事でも紹介させていただいております。

是非ご一読ください。

 

「小学校退学」はなぜ起こる?|タイ・ベトナム・カンボジアの教育事情

【学生は恋愛禁止の国も⁉】世界各国の教育現場を覗いてみた。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

記事で紹介したように、金銭的な理由で新しい一歩を踏み出せずにいる子どもたちがたくさんいることが分かりました。

 

あなたの力で、世界の未来を背負った子どもたちを応援してみませんか。

 

kiji-boshu-20190725_2

 

支援の方法を知るカテゴリの最新記事

アンケート

 

きふるでは、寄付に関する世の中の捉え方や考え方を集めており、もっとより良い記事を皆さんにお届けしたいと考えています。

 

アンケートご協力いただけると幸いです。

 

アンケートに回答する