どうすればソーシャルセクターにお金が回るのか

どうすればソーシャルセクターにお金が回るのか

この記事はnoteより、

どうすればソーシャルセクターにお金が回るのか

原作者:eritopiaさんの記事の紹介しております。

 

 

 

2年前くらいからずっと考えている命題の1つだ。

ソーシャルセクターとは、公でも民でもアプローチできない分野。

民が入れないというのは、つまり多くの場合で、単純には採算が取れない。

受益者がお金を持っていない場合がほとんどだから。

 

お金が集まりにくいところで寄付などでなんとかお金を集め、目の前のすごく困っている人にアプローチしていくのだから、なかなかそこで働く人の待遇改善とはいかない。

驚くべき低賃金で働くスタッフたち。

 

でもそれは問題を根深くしているだけだと私は思う。

その分野でより優秀な人が働くようになれば、より大きな影響を与えられるはず。

投資銀行は高給によって優秀な人材を集め、1人あたりの最高のパフォーマンスを出させて利益をあげている。

ソーシャルセクターもそんな循環に組み込めたら。

 

NGOを見ていると、寄付者はお金に余裕のある人だから身なりもよくて、スタッフ側は毛玉のついたニット、なんて構図を目にする。

そんな姿をみていたら、ソーシャルセクター側には惹きつけられないだろう。

 

ソーシャルセクターをかっこよくする必要がある。

少ない予算の中で頑張ってますという同情で何かを訴えることはやめたい。

ソーシャルセクターに携わっていることがステータスになるような社会。

またはそれぞれの人が社会の一員として使命を感じ、携わってしまうような社会風潮。

何を作っていけばいいのだろう。

 

とにかく私は、人生をかけて、少しでもソーシャルセクターとか教育福祉分野とか、社会にとって必要なのにお金が集まらず携わる人が犠牲を払っている分野を、かっこよくしていきたい。


eritopiaさんプロフィール
eritopia –経済格差に教育からアプローチしたい24歳の葛藤
https://note.mu/erichooo31


おススメの記事↓

変える、女性も女子も活躍する豊かな世界に|ケア・インターナショナルジャパン

部屋も心もスッキリ!衣類や雑貨で途上国と障害者を支援|古着deワクチン

 

 

支援の方法を知るカテゴリの最新記事

アンケート

 

きふるでは、寄付に関する世の中の捉え方や考え方を集めており、もっとより良い記事を皆さんにお届けしたいと考えています。

 

アンケートご協力いただけると幸いです。

 

アンケートに回答する