海のゴミが価値になる!海の日よりブロックチェーンを活用した地域通貨「BYTHESEA.coin」プロジェクト始動。

海のゴミが価値になる!海の日よりブロックチェーンを活用した地域通貨「BYTHESEA.coin」プロジェクト始動。

海を愛する人々の間で経済循環を促す地域トークンコミュニティを形成し、海洋プラスチックや地域経済の課題解決を目指す。

本日2019年7月15日(月)海の日より、株式会社ダースーが運営する〜海辺のライフスタイルメディア〜「BYTHESEA.online(https://bythesea.online)」は、ブロックチェーンを活用した地域通貨「BYTHESEA.coin」(通貨単位:BTS)のテストプロジェクトを開始しました。

「BYTHESEAアンバサダー」に登録して海でゴミ拾いなどをするとBTSがもらえ、獲得したBTSを使って他の「BYTHESEAアンバサダー」が提供するサービスや製品を購入することが可能になります。

アイキャッチ-bythesea

 

昨今、海を取り巻く環境は2つの大きな問題を抱えています。

一つは、海洋プラスチック問題をはじめとする環境問題です。

日常生活のあらゆる場所で利用されている便利なプラスチックですが、不適切な処理によってプラスチックごみが大量に海に流れ出て、海の環境を汚し、海の生き物にも悪影響を及ぼしています。

このままだと、2050年には海のプラスチックごみは魚の量を上回ると予測されています。(※1)

 

そしてもう一つは、海辺の地域経済の問題です。

例えば「BYTHESEA.online」が拠点としている茅ヶ崎市の経済課題は顕著で、隣接する藤沢市や平塚市と比較すると、農業就業人口、漁獲量、商業・観光・工業の事業所数や従業者数において下回っており、経済活性化が深刻な課題となっています。(※2)

 

「BYTHESEA.online」は、特に湘南エリアの海の近くに住んでいる方や海を愛する方々に楽しんでいただいているオンラインメディアです。

海を愛するメディアの役割としてこのような2つの大きな課題を解決するためには、「循環」や「継続」する仕組みづくりが最も重要と考えています。

そこで、循環を促す独自のアルゴリズムを開発したトークン設計プラットフォーム「PEACE COIN(ピースコイン)」を活用した地域通貨「BYTHESEA.coin」(https://bythesea.online/bythesea-coin/)のテストプロジェクトを、本日2019年7月15日(月)海の日より開始します。

「BYTHESEA.coin」の提供を通じて、「海からもらうARIGATO!!!」と「海を愛する人からもらうARIGATO!!!」の循環を活性化するコミュニティを形成し、海洋プラスチックや地域経済の課題解決を目指します。

 

※1: https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201905/1.html(政府広報オンライン)より
※2: http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/008/033/2syo.pdf(茅ヶ崎市)より

bythesea-ロゴ

 

<BYTHESEA.coinでできること>

「BYTHESEA.coin」は、海を愛する方であれば、誰でも無料で参加できるブロックチェーンを活用した新しい地域通貨のテストプロジェクトです。

できることは大きく以下4つです。

1. 海のゴミを拾うだけで通貨価値が生まれる

いままでは1円にもならなかった海のゴミ拾いをすることが、その事実が個人の活動履歴として他人からも認識される形で残るため、「この人はこんなに環境保護活動をされてきた方なんだ」という新しい信用が生まれます。

そこで付与される信用価値が「BYTHESEA.coin」(通貨単位:BTS)です。

 

これまでの貨幣と大きく異なるところは、貨幣の場合はその紙切れ自体に価値を持っているため、いま目の前にあるお金がどこからどのように流れてきたお金なのか知ることができませんが、ブロックチェーンを活用した地域通貨であればその流れを知ることができます。

簡単に言うと、国や銀行による中央集権的な信用なのか、それとも国民全員の相互監視による信用なのか、の違いです。

ブロックチェーンは後者の信用経済構築が可能になる点が大きな特徴となっています。

2. 獲得した地域通貨(BTS)を海の近くのモノやコトで使える

海のゴミを拾って獲得したBTSは、その活動を評価してくれる方々が提供する商品やサービスと交換することが可能です。

例えば、海のゴミ拾い実施1日あたり1BTSを獲得することができますが、「1週間海のゴミを拾っていただいた分(=7BTS)で、ジュース1本分と交換」や、「1ヶ月間海のゴミを拾っていただいた分(=30BTS)で、商品の500円分と交換」や、「100日間海のゴミを拾っていただいた分(=100BTS)で、サーフィン教室1回分と交換」という形で獲得したBTSを利用することが可能です。

3. 自分がBTSを受け取るモノやコト(スキル)を設定でき、広めることもできる

上記では獲得したBTSを交換する側のお話でしたが、BTSを持っているすべての方々は、上記の例のように、ご自身が受け取るスキルのBTSを設定することができます。

スキルのBTSボリュームの設定方法は、1日分のゴミ拾いにどの程度の価値を付けられるかの個人のご判断を元に設定いただきますが、そのBTS設定ボリュームは最終的にはBTSを送る側の方と受け取る側の方の間で確定のうえ交換いただきます。

また、ご自身がご提供されるスキルは、「BYTHESEA.online」にて無料で掲載させていただくこともできます。

記事が掲載された際にはお礼としてBTSを付与させていただきますので、ぜひご自身のスキルについて積極的に寄稿いただければありがたいです。

(メディアクオリティ担保のため掲載審査がありますのでご了承ください。)

4. BTSの交換頻度が高ければ高いほどBTSは増加するが、逆に低ければ低いほどBTSは減少する

「BYTHESEA.coin」は、「BTSの交換を全くしていないとBTSが減少していく」という非常に大きな特徴があります。

BTSの交換といっても、増やすだけや減らすだけではなく、増やすのも減らすのも両方バランスよく交換していくことが最も重要と考えています。

 

これは、あくまでこの地域通貨の目的が「海洋プラチック問題の解決」や「地域経済の活性化」であり、海のゴミ拾いとBTS交換の活性化が課題解決につながるという考えであるためです。

環境との付き合いも、人との付き合いも、一時的な関係や一方的な関係ではなかなか信頼関係を築くことは難しいと思います。

「BYTHESEA.coin」は、海を愛する方々の思いやりを紡ぐコミュニティとして、感謝の循環を価値化することで継続的に信頼関係を築いていくことで、大きな課題解決に立ち向かう”力”を増幅してまいります。

<「BYTHESEA.coin」テストプロジェクト概要>

目的:「海洋プラチック問題の解決」と「地域経済の活性化」のテストプロジェクト
※サービス最適化のため、無断で仕様・運用ルール変更などさせていただくことがあります。

ターゲット:海を愛する方々
期間:2019年7月15日(月)〜
トークン設計プラットフォーム:「PEACE COIN(ピースコイン)」
地域通貨名称:BYTHESEA.coin
ティッカー:BTS
費用:無料
※テストプロジェクト期間は貨幣との交換はできませんが、プラットフォーム側の準備が整った段階で交換できるようになる予定です。
詳細ページ:https://bythesea.online/bythesea-coin/

■「BYTHESEA(バイザシー)」について

雑誌 :フリーマガジン「BYTHESEA(バイザシー)」
編集テーマ :Quality of Life「海のある生活~湘南移住」
設置店 :湘南横浜エリアを中心としたマリンショップ、レストランなど
オーガニック創刊 :2004年11月
リニューアル創刊 :2018年11月
判型 :A4変型(天地280mm 左右210mm)
新形態・基本ページ数 :32ページ
本体価格 :無料
発行 :株式会社エルアンドエム
Webメディア :「BYTHESEA.online(バイザシー・オンライン)」
URL : https://bythesea.online/
SNS :Instagram、Facebook、Twitter、Pinterestの公式SNSアカウントを運営
Webメディア・SNS運営 :株式会社ダースー

bythesea-写真

■株式会社ダースー 概要

社名 :株式会社ダースー(dahsue inc.)
本店:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-12 渋谷ジョンソンビル401
オフィス:〒253-0054 神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6-2-52 イルピーノ東海岸南106
代表取締役 :須田 大輔
設立日 :2012年6月1日
事業内容 :海辺のライフスタイルメディア「BYTHESEA.online」運営、地域創生・CSR事業、マーケティング事業
公式サイト : https://dahsue.com
代表プロフィール
慶應義塾大学経済学部卒。

日本経済広告社、マイクロソフト社にて広告営業として従事した後、ミクシィ社へ。

ソーシャルコンテンツプロデューサーとして、mixiアプリ立ち上げのビジネスサイドのサービス戦略・企画を統括。

300万人以上のユーザーが参加したmixi内のシーズンコンテンツや日本発のソーシャルラジオ企画のほか、多種多様なナショナルクライアント企業のタイアップコンテンツをプロデュース。

「東京インタラクティブアドアワード2012」では4部門で入賞、「Yahoo! Japanインターネットクリエイティブアワード2012」ではグランプリを獲得、その他入賞多数。2012年6月1日に独立し「dahsue inc. 」を立ち上げ。

BYTHESEA.online編集長(https://bythesea.online)、湘南スタジアムを茅ヶ崎に誘致する会、日本BBQ協会インストラクター、マーケティングスペシャリスト。

きふる編集部コメント

昨今、海を取り巻く環境は問題を抱えています。
不適切な処理によってプラスチックゴミが大量に流れ出て、海の環境を汚し、海の生き物にも悪影響を及ぼす。
といったような、海洋プラスチック問題をはじめとした環境問題や海辺の地域経済活性化が深刻な課題となっています。
 
その問題を解決すべく「BYTHESEA.online」は循環や継続する仕組みづくりが最も重要と考えています。
「BYTHESEA.online」は循環を促す独自のアルゴリズム「PEACE COIN」を開発し、それを活用した地域通貨「BYTHESEA.coin」のテストプログラムを開始しました。
「BYTHESEA.coin」は海を愛する人であれば、だれでも参加可能なブロックチェーンを活用した地域通貨です。

「BYTHESEA.coin」でできることはいくつかある。
1.海のごみを拾うだけで通貨価値が生まれる
「この人はこんなに環境保護活動されてきた方なのか」と信用が生まれ、そこで付与される信用価値が「BYTHESEA.coin」(通貨単価:BTS)となる。

2.獲得したBTSを海の近くのモノやコトで使える。
例えば、ゴミ拾い実施1日あたり1BTS獲得できるとして、7BTSでジュース一本と交換、30BTSで500円の商品券、100BTSでサーフィン教室などといった具合だ。

3.自分がBTSを受け取るモノやコトを設定でき、広めることもできる。

このようなかたちで、今までは1円にもならなかった海のゴミ拾いをすることが、通貨になるというもの。
SDGsでいうところの「14.海の豊かさを守ろう」にあてはまるだろう。

 

私たち日本人にとって、いや私たち人間にとって、海は無くてはならないものといっても過言ではないくらい私たちの生活に密着しています。
海という資源の宝庫がなくなってしまうことは、私たちの生活に大きなダメージを与える事になるでしょう。

今まではそんな大切な海を守るためには、ボランティアでゴミ拾いをしなければならなかった。
清い心の持ち主はそんなこと苦でもないのかもしれません。
しかし、大半の人間にとっては億劫なものであったはずです。
 
しかしその活動に報酬があるとしたらどうでしょうか?
毎日すこし環境保全活動を何かをするだけでジュースがもらえるとしたら?
 
たかだかゴミの1つくらいと考えているそこのアナタ。
未来の私たちのために今できることを、小さいことでもいいからやってみませんか?

 

Written by きふる編集部インターン

リリース発行元:dahsue inc.

情報提供:PRTIMES

プレスリリース詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000046427.html

 

kiji-boshu-20190725_2

 

キャンペーンカテゴリの最新記事

アンケート

 

きふるでは、寄付に関する世の中の捉え方や考え方を集めており、もっとより良い記事を皆さんにお届けしたいと考えています。

 

アンケートご協力いただけると幸いです。

 

アンケートに回答する