北海道札幌市・広汎性発達障害者のピアサポート普及啓発・自立援助を目的とした活動支援

北海道札幌市・広汎性発達障害者のピアサポート普及啓発・自立援助を目的とした活動支援

札幌PDDピアサポート協会では、広汎性発達障害の特性により、外で働けない人、会社や集団で働けない人、生き辛さを抱えて悩んでいる人たちが、自分の得意あるいは可能分野を見つけてこれからの人生に活かせるよう、お仕事アドバイスや、認定ピアカウンセラーである代表との個別カウンセリングを随時開催、悩み相談や話し相手などを続けながら自分らしい自立を援助する活動をしています。

 

広汎性発達障害の居場所を見つけるための活動を続けていくために。

札幌PDDピアサポート協会への支援をお待ちしております。

≫≫寄付ページへ≪≪

札幌PDDピアサポート協会のモットー

「PDD広汎性発達障害(Pervasive Developmental Disorder:PDD)へのピアサポート(ピアカウンセリング)を通して、全ての生きづらさ系の広汎性発達障害当事者が自分らしく生きられる未来を創る!」

運営資金・各種ノウハウが溜まり次第、仲間たちのための就労継続支援B型事業所の設立を第一目標としています。

札幌PDDピアサポート協会について

 

こんにちは、札幌PDDピアサポート協会の代表、成田雅浩です。

私自身も広汎性発達障害当事者として長年苦しみ、いじめや暴力、孤立、など子供時代から精神的には困難な経験をしてきた一人です。

そんな生き辛さを抱えながらも半世紀、社会経験と考え130種類以上の仕事を実地経験しながら、何とか自分の力で生きてきました。

困難を抱えながらでも一般社会人とは違う「自分らしい生活」や「自分らしい仕事」はできるんだという事を実証するという目的を持ち、多分野で多くの経験をしてきました。

 

現在の日本ではこの「発達障害」という言葉も大分認知され、著名人でも発達障害であることを公表する方々も続々と出てきています。

著名人はその障がいを克服し成功を自分の手にしたことは賞賛に値します。

ただその反面、障がいの特性であるコミニュケーション能力や共感力の欠如、自分の適性を発見できない等の原因により、社会的立場が弱くなり結果孤立化、引きこもり化するという方々が多く出てきてしまっています。

その問題を「当事者」として一緒に解決してくためにこの協会を立ち上げました。

 

この場所は、広汎性発達障害者たちにとって「無くてはならない自分らしさを発見する場所」になってほしいと考えて活動しています。

なぜ広汎性発達障害者に、ピアサポートが必要なのか?

人間関係の構築が苦手、共感力が低いといった障がい特性を持つ広汎性発達障害(PDD)。

そんな社会的活動における困難を抱えながらでも、一般社会と共存しながら同時に「自分らしい生活」や「自分らしい仕事」はできるんだという事を理解し実践してもらう事が重要と札幌PDDピアサポート協会では考えています。

 

そのために一番必要とされているのが「同じような立場の人による当事者支援」であると言われています。

それが「ピアサポート」と呼ばれる援助方法です。

そのピアサポートを専門的知識を持って行うのがピアカウンセラーです。

ピアカウンセラーは「経験の専門家」とも呼ばれています。

精神医療や福祉の多職種チームの一員として協働し、ピアサポーター自身の体験を通し、本人主体のリカバリー(回復)を支援する役割を持っています。

 

ピアサポートを受けながら、同時に「自分自身の試行錯誤」の先にこそ、自分を誇れる自信が待っている。

そう札幌PDDピアサポート協会では考えています。

 

私たち札幌PDDピアサポート協会は微力ながら、そのヒントを提供できる存在でいたいと考えています。

ご寄附の使い道について

札幌PDDピアサポート協会の運営費として活用させて頂きます。

札幌PDDピアサポート協会の運営には

  • 当事者スタッフの人件費 
  • カウンセリングルーム家賃
  • 活動交通費
  • 当事者セミナー代

など、月間20万が必要です。

sppsa-001

広汎性発達障害の居場所を見つけるための活動を続けていくために。

札幌PDDピアサポート協会への支援をお待ちしております。

≫≫寄付ページへ≪≪


この記事は、札幌PDDピアサポート協会様からの寄稿記事です。(一部きふる編集部にて加筆修正)
記事に関する質問は、札幌PDDピアサポート協会様まで問い合わせください。

 

kiji-boshu-20190725_2

 

活動を知るカテゴリの最新記事

アンケート

 

きふるでは、寄付に関する世の中の捉え方や考え方を集めており、もっとより良い記事を皆さんにお届けしたいと考えています。

 

アンケートご協力いただけると幸いです。

 

アンケートに回答する