シニアが動く。日本が変わる。|認定NPO法人プラチナ・ギルドの会

シニアが動く。日本が変わる。|認定NPO法人プラチナ・ギルドの会

プラチナ・ギルドーきふる-トップ

「人生100年時代」と呼ばれる時代。
定年後、どう生きていくかは人それぞれ。

しかし、仕事中心の生活を送っていたために「定年後どうすればいいのか、一歩踏み出す術がわからない」というシニアが多くいます。

認定NPO法人プラチナ・ギルドの会では、シニアが「Change Maker」として、社会のために活躍するよう、支援しています。
あなたも、プラチナ・ギルドの会を応援しませんか?

プラチナ・ギルドの会について

プラチナ・ギルド アワード

「シニアが動く。日本が変わる。」

認定NPO法人プラチナ・ギルドの会では、現役時代のスキルや経験を活かして、社会貢献活動をしているシニア世代を表彰しています。

社会のために活躍するシニアを取り上げることで、同じ年代、これからの世代のロール・モデル(お手本)となるのです。

2019年2月には6回目となる「プラチナ・ギルド アワード」を開催。
現役時代のスキルや経験を社会のためにいかしているシニアをこれまでに、通算約30名表彰しました。

プラチナ・ギルド アカデミー

見つけよう「次」の自分を!

企業内のシニアや退職後のシニア向けに「人生100年時代の気づきセミナー」を開催。
NPOの活動視察、「プラチナ・ギルド アワード」の表彰式参加などを通して、NPOや地域団体への興味関心を、さらに深めてもらいます。

「プラチナ・ギルド アカデミー」を通じて、社会デビューの第一歩を踏み出すためのきっかけと勇気を与えます。

また2018年末からは、企業内シニア向けに「プラチナ・キャリアの創り方」セミナーを開催。

「現役で働きながら、プロボノ活動等の社会貢献を両立させる働き方」
「人生の折り返し点でもある50歳になればボランティア活動をしよう!」
などと提言活動(アドボカシー)を行うことで、「シニアが活躍する社会づくり」を進めています。

プラチナ・ギルド-01

2018年末実施のメガバンク社員向け「プラチナ・キャリアの創り方」セミナー

プラチナ・ギルドの会を応援しよう

「支援されるより、支援する側に」

一人でも多くのシニア世代が、長い人生を自分や家族のためだけではなく、社会や地域のために奉仕できるようになる。
そうすることで、自分たちだけでなく、子どもたちや孫たちなど、これからの世代の人たちが幸せに暮らせるようになるはずです。

1人でも多くのシニアが、生き生きと輝くように。
これからの人たちが、幸せに暮らすことができる社会をつくるために。
あなたもプラチナ・ギルドの会を応援しませんか?

認定NPO法人プラチナ・ギルドの会への寄付金は、「プラチナ・ギルド アワード」の懸賞金として活かされます。

「プラチナ・ギルド アワード」の懸賞金は、1名につき100,000円。
毎年5~6名が顕彰されています。
懸賞金は個人ではなく受賞者の組織に活動資金として提供。
社会をよくするために活動の発展に活用されます。

認定NPO法人プラチナ・ギルドの会 公式HP
※外部ページへ遷移します。

プラチナ・ギルド-02

プラチナ・ギルド アカデミー「気づきセミナー」等の模様

シニアが「Change Maker」に

認定NPO法人プラチナ・ギルドの会が目指すのは、シニアがそれぞれの組織内で培った経験やスキルを活かし、子ども・孫・次の世代のために、社会貢献していくこと。
そしてシニア一人ひとりが自己実現をしていくことです。

プラチナ・ギルド-ロゴ

認定NPO法人プラチナ・ギルドの会ロゴマーク
プラチナ・ギルドのPとGが描かれています

直近では、認定NPO法人サービスグラントや一般財団法人さわやか福祉財団等のセミナー活動に講師として参加。
多くの中間支援団体と協働しながら、社会変革に努めています。

また、認定NPO法人ふくしま再生の会、認定NPO法人プラチナ美容塾、NPO法人グラウンド・ワーク笠間をはじめとする、多数のNPO法人を積極的に支援。
交流を深めると同時に、会員同士のスキル向上に取り組んでいます。

ますます活動を広げていく、認定NPO法人プラチナ・ギルドの会。
あなたも、プラチナ・ギルドの会を応援しませんか?

認定NPO法人プラチナ・ギルドの会 公式HP
※外部ページへ遷移します。

プラチナ・ギルドーきふる-トップ

 

kiji-boshu-20190725_2

 

活動を知るカテゴリの最新記事

アンケート

 

きふるでは、寄付に関する世の中の捉え方や考え方を集めており、もっとより良い記事を皆さんにお届けしたいと考えています。

 

アンケートご協力いただけると幸いです。

 

アンケートに回答する