『都市と森をつなぐ』架け橋に|一般社団法人more trees

『都市と森をつなぐ』架け橋に|一般社団法人more trees

more-treesきふる-トップ

一般社団法人more treesでは、「森と人がずっとともに生きる社会」を目指し、「都市と森をつなぐ」をキーワードに国内外で「more treesの森」づくりを推進。
また、都心に暮らしていても森との繋がりを実感できるようなイベントや木製品企画を行っています。

手入れが行き届かない森林の増加

第二次世界大戦後、復興のために木材の需要が高まったことを受け、スギやヒノキなど針葉樹の植林が推進され、日本の森林面積が急激に増加しました。

しかしその後、海外から木材が輸入されたことや需要の低下により、日本の林業は衰退。
手入れが行き届いていない森林が増えてきています。

手入れの行き届かない森では木々が過密状態となり、地表まで太陽の光が行き届かず、不健康な森となってしまいます。
その結果、森は保水力が落ち、土砂崩れなどの災害が起こりやすくなったり、
森に暮らす生き物たちの生態系にも影響を及ぼします。

都市と森の距離を近づけたい。一般社団法人more trees

「『都市と森をつなぐ』架け橋になる」

都会に住んでいても、木材や水、食物、空気などの「森の恵み」に接しています。
しかし、その「森の恵み」を感じる機会が極端に少なくなり、都市と森が分断されてしまっています。

「都市と森の距離を少しでも近づけたい」
そんな想いから、more treesの活動がはじまりました。

一般社団法人more treesでは、日本国内11か所、海外2か所の合計13か所に「more treesの森」を展開。
各地での森の手入れ(間伐)や植林など、森づくりの活動をしています。

more-trees-01

さらにmore treesの活動は保全活動だけではありません。
森から生まれる木材や水、食物、空気など、都市部に住む我々も知らず知らずのうちに森の恵みを受けています。
そんな森をもっと身近に感じられるように、体験ツアーやイベント、木製品のプロデュースなどを通じて「都市と森のつながり」を実感する機会を提供しています。

more treesの活動を応援しよう

一般社団法人more treesではこれまで
四万十川源流域の高知県梼原町、中土佐町、北海道下川町/足寄町/滝上町/美幌町、長野県小諸市、宮崎県諸塚村など国内11か所、海外2か所の地域で森づくり活動をしてきました。

海外では、フィリピン・キリノ州とインドネシア・東カリマンタン州において、合計200ヘクタールの森づくり活動を実施。
また、森と人をつなぐ活動として、25回以上の森林体験ツアー、22回以上のワークショップを開催してきました。

※2019年6月時点のデータ

more-trees-02

more treesが目指すのは、「森と人がずっとともに生きられる社会」。

地球上のどこに暮らしていても、人は森の恵みを受けて生きています。
森が持つさまざまな機能や森から生まれる木材や水、食物、空気などの恵みが、人々の豊かな生活を支えています。
森からの恵みを都市に届け、都市からは人々の想いや対価を森に還すことで「都市と森をつなぐ」環を描き続けること。
それがmore treesの理想とする未来です。

そんな未来をつくるために。
あなたも、more treesの活動を応援しませんか?

more treesへの寄付金は、手入れが行き届いていない人工林への間伐(森林が密集し、地表に陽の光が届きづらい状況になるのをを防ぐため、木を切って間引くこと)や、植林活動に活用されます。

例えば、1,000円の寄付金が集まると、日本国内の「more treesの森」に約20㎡の森をつくることができます。

more trees公式HP
※外部サイトへ遷移します

“もっと木を”“もっと森を“

more-trees-ロゴ

一般社団法人more treesの名前の由来は「“もっと木を”“もっと森を“」
団体の創設者であり代表でもある、音楽家・坂本龍一さんの想いが込められています。

そしてロゴマークのmore treesという文字。
頭文字“m”は通常の”m”よりも山が一つ多くあり、これには“もっと森”という強い想いを込められています。

森と人がずっと一緒にに生きることができるように、人と森をつないでいく一般社団法人more trees。
あなたも、more treesを応援しませんか?

more trees公式HP
※外部サイトへ遷移します

more-trees-03

 

kiji-boshu-20190725_2

 

活動を知るカテゴリの最新記事

アンケート

 

きふるでは、寄付に関する世の中の捉え方や考え方を集めており、もっとより良い記事を皆さんにお届けしたいと考えています。

 

アンケートご協力いただけると幸いです。

 

アンケートに回答する