「健康・医療のプロ」たちが、地域の健康を守る|NPO法人健康サロン

「健康・医療のプロ」たちが、地域の健康を守る|NPO法人健康サロン

健康サロン-きふる-トップ

地域の「健康・医療のプロ」たちが、地域の健康を守る。
NPO法人健康サロンは、薬の正しい使い方や生活習慣病の予防方法など、「健康で生き生きとくらすための知識」を伝える、医療・福祉・健康づくりの専門家集団です。

あなたも、NPO法人健康サロンを応援しませんか?

健康の知識を地域でいかす

医療は日進月歩。
目まぐるしく発展していく医療・健康法に、患者がついていくのはとても難しいことです。

なにをどうやって選べばいいのか、わからない。
健康の維持が大事だとはわかっているけれど、情報があふれていてどれを選べばいいのかわからない。
「結局、なにがなんだかわからない」という声があちらこちらで聞かれます。

地域には、健康づくりのためのプロがいます。
どんな生活が「生き生き100歳」に繋がるか、専門家たちは知っています。
しかし地域の専門家の知恵を広く市民に伝える効果的なツールがないことで、身近にある知恵も市民に届かない現状があります。

地域ごとの医療・健康ガイドブック「あなたの町の医療サービスガイド」で解決したい。
専門家の持っている健康のための知識を、地域のためにいかしていきたい。
そんな想いで、NPO法人健康サロンは活動しています。

「健康で生きがいを持って100歳時代を生き抜こう」

健康サロン-画像01

健康情報をまとめたコミュニティ雑誌の刊行

NPO法人健康サロンは、地域の医療機関を紹介するコミュニティ誌の刊行をおこなっています。

広島市を5つの地域に分け、それぞれの地域の医療機関などから情報を収集。
市民に役立つ健康情報を掲載した雑誌を、年1回地域ごとに編集・刊行しています。

2020年度からは、福岡市でも刊行を計画。
NPO法人健康サロンの活動は、どんどん広がっています。

健康のための講演活動・出前講座

NPO法人健康サロンでは、高齢者の健康教育としての講演活動(出前講座)・料理教室・運動教室を開いています。

出前講座の受講者の多くは高齢者。
一人暮らしの方は受講者の40%に迫っています。 
講座案内はホームページや公民館、住民団体に届く会報に掲載されています。

用意されているのは、薬の正しい使い方、薬の健康被害を防ぐ知恵、高齢期の食生活、減塩食を美味しくつくる、運動と運動で健康づくり、生活習慣病は予防できる、高血圧は予防できる、糖尿病は予防できる、慢性腎臓病(CKD)は予防できる、認知症予防に役立つ生活の知恵、体を鍛える呼吸法、いろは体操で体力づくり、笑いヨガ&マジックなど13のテーマ。

ご希望に沿って担当の専門講師が現地で講演会を行います。

患者さんに正しい薬の知識を

NPO法人健康サロンの活動が始まったのは、2016年のこと。
安田女子大学薬学部の研究活動の一環として始まりました。

薬学部で教鞭をとっていた水内義明さんが、残薬研究で高齢者を訪問していたときのことです。

薬が家中に溢れている惨状を目の当たりにし、水内さんはひどくショックを受けました。
正しく薬を飲まず、合併症を発症し苦しむ患者さんがいることを目の当たりにしました。

「正しい診断をうけ、良い薬が処方されているのに、なぜこんなことになってしまうのだろう。薬学部教授として、こんな社会に学生たちを送り出すことに大きな不安を覚えました」

そんな想いから、水内さんは各地を巡回し「薬の正しい使い方」を講演し始めます。

健康サロン-画像02

活動を初めて2年半。
これまで広島県内180ヶ所で、延べ8,400人の高齢者(平均年齢76歳)が「薬の正しい使い方」を学んでいます。
その活動はどんどん広がり、2019年7月には、福岡県でも講演会が始まりました。

※数値や実績は2019年7月時点のもの

NPO法人健康サロンを応援しよう

NPO法人健康サロンへの寄付金は、出前講座や地域の医療情報誌など、NPO法人健康サロンの活動費用として活かされます。

1,000円の寄付が集まれば、地域の医療機関を紹介する医療情報誌を10冊制作し、配布することができます。
4,000円の寄付が集まれば、各地に出向き出前講座を1回開催することができます。

また、NPO法人健康サロンでは高齢者の健康の維持・増進、生活習慣病の予防の専門家の方を探しています。(医療・栄養・運動・リラクゼーション・介護など年齢は問いません)
広島県・福岡県以外の都道府県の方であっても、NPO法人健康サロンが培ってきた開催マネジメントのシステムをいかせば、あなた1人でも地域の集会所に出掛けてお持ちの体験・知識をお話頂き地域住民の健康を守ることができるはずです。

誰もがいきいきと、100歳まで生きることができるように。
あなたの貴重な知識を活かしませんか?

NPO法人健康サロン公式HP
※外部ページへ遷移します。

誰もが健康で、生き生きとした「100歳社会」を

NPO法人健康サロンのロゴマークは、高齢化の進む地域の人たちを、それぞれの分野の専門家が支えているようすをあらわしています。

健康サロン-ロゴNPO法人健康サロン ロゴマーク

健康・医療の専門家の貴重な体験を生かし「地域の知恵袋」として活用する仕組みをつくる。
こうすることで、誰もが健康で、生き生きと暮らせる「100歳社会」が実現するのです。

あなたもまずはできることから、NPO法人健康サロンを応援しませんか?

NPO法人健康サロン公式HP
※外部ページへ遷移します。

 

kiji-boshu-20190725_2

 

活動を知るカテゴリの最新記事

アンケート

 

きふるでは、寄付に関する世の中の捉え方や考え方を集めており、もっとより良い記事を皆さんにお届けしたいと考えています。

 

アンケートご協力いただけると幸いです。

 

アンケートに回答する