古きよきものから異文化理解を|NPO法人International Antique Institute

古きよきものから異文化理解を|NPO法人International Antique Institute

International Antique Institute-きふる-トップ

International Antique Institute(インターナショナル・アンティーク・インスティチュート)。
「古きよきもの」を通して、芸術と美術の基礎を理解してもらうこと。異文化間の相互理解を進める活動をしています。

あなたも、NPO法人International Antique Instituteの活動を応援しませんか?

International Antique Institute について

つくば市や都内を中心に、活動をするInternational Antique Institute(インターナショナル・アンティーク・インスティチュート)。
「文化伝承×アンティークショップ」で異文化相互理解を目指すNPO法人です。
19か国から集まった筑波大学の有志たちによって、2013年に始まりました。

多文化共生社会のための教育を掲げ、「持続可能な開発目標(SDGs)」に参加しています。

活動に込められた想い -”古きよきもの”に触れること-

International Antique Institute 写真01

NPO法人International Antique Instituteでは、「”古きよきもの”」を実際に手に持ってもらうことで、異文化相互理解を進めてきました。
ここでいう「異文化」は、国や地域だけを指すものではなく、世代間を超えた交流も含まれています。
そしてNPO法人International Antique Instituteのメンバーも、さまざまな文化的バックグラウンド、様々な世代で構成されています。

古きよきものに触れるという実体験をすることで、文化の多様性や奥深さを再認識してほしい。
その信念をもとに、さまざまな国の骨董品を使って、国や地域、年齢の壁も越える異文化交流・教育活動をしています。

なぜ異文化理解×アート?

グローバル社会と言われる現代。
社会は、多種多様なバックグラウンドを持つ人々により形成されています。

相手を知るためにはまず自分を知ることから。
アートへの愛着は、文化や世代を越え世界共通のものです。
お互いの歴史に触れるというアプローチなら、古いものを大切にしながら未来に向かえる。

そのため、たくさんの人にアートを身近に感じてもらうことが重要だと、NPO法人International Antique Instituteでは考えています。

自己理解×アート=異文化理解の方程式

NPO法人International Antique Instituteではこれまでに、50あまりの学校で国際理解教室を開催してきました。
「古きよきもの」を通して、芸術と美術の基礎を理解してもらうこと。
さまざまなアプローチを通して、相互理解を進める活動をしています。

異文化理解講座

International Antique Institute 写真02

International Antique Instituteのメインの活動のである異文化理解講座。
主に小学生から大学生までを対象としています。

これから広い世界を見ていく子どもたちに、海外の人や文化に直接触れてもらいます。
そして講師を務めるのは主に留学生。
子どもたちにとっても、留学生にとっても、異文化に触れ、理解し合う場となります。

2013年に活動を始めたNPO法人International Antique Institute。
2019年7月までに、日本の学校50校、1000人を超える学生たちが参加しています。

From Shop to Study

International Antique Institute 写真03

「From Shop to Study」では、骨董品店のオーナーやアンティークショップの店主の方を招いて実際の骨董品の見方も学びます。骨董品・美術品を長年扱ってきたプロの目線から、その魅力や歴史、扱い方などを教えていただく取り組みです。
さらに骨董品の見方だけでなく、売買における経験などを語っていただきます。

NEURO TEA

International Antique Instituteは伝統的な文化探求だけではなく、新しい文化、科学文化とのマッチングを探求しています。

茶道のお手前の間に、デバイスで検知した脳波に合わせて変化するライティングパターンを鑑賞・体験してもらうことで、伝統的な茶道の新たな面を発見してもらう試みです。

International Antique Institute の活動を応援しよう

あなたも、NPO法人International Antique Instituteの活動を応援しませんか?
NPO法人International Antique Instituteへの寄付金は、メインの活動である「国際理解教室」の運営費として活かされます。

例えば5,000円の寄付金が集まれば、40人の生徒に2時間の講座を開くことができます。
2時間の講座の中で、5種類のアンティークのものを紹介でき、古きよきものを通して、芸術と美術の理解を深めることができます。

International Antique Institute-ロゴNPO法人International Antique Instituteロゴ
学生が羽ばたけるように羽をモティーフにしています

古きよきものを通して、異文化理解を深めるために。
あなたもこの活動を応援しませんか?

NPO法人International Antique Institute公式HP
※外部ページへ遷移します。

 

kiji-boshu-20190725_2

 

活動を知るカテゴリの最新記事

アンケート

 

きふるでは、寄付に関する世の中の捉え方や考え方を集めており、もっとより良い記事を皆さんにお届けしたいと考えています。

 

アンケートご協力いただけると幸いです。

 

アンケートに回答する