宝くじ購入者必見!宝くじ×社会貢献について調べてみた

宝くじ購入者必見!宝くじ×社会貢献について調べてみた

皆さんは、宝くじ購入したことはありますか?

CMなどで、「サマージャンボ♪さっんおっくえん♪」と流れていますよね。

筆者は宝くじを購入したことはありませんが、筆者が幼いころ、祖父がよく買っていたのを覚えています。

「当たりますように…!」と願をかけ、神棚の上に置いてみたり、黄色い布に包んでみたりいろいろやっていましたが、私の知る限り高額当選はしていないと思います。

私の祖父の話はここまでで。

 

街中を歩いていたら、宝くじ売り場を目にすること、多いですよね。

筆者の実家のある九州の田舎にも、スーパーの駐車場に宝くじ売り場がありました。

上京してきてからも、よく見かけます。

 

平成28年度の宝くじの売り上げは、8,452億円と言われています。

この売り上げは、すべて当選者に配当されているのでしょうか?

それともまた違った用途で使われているのでしょうか。

今回は、そんな宝くじのアレコレを調べてみました。

宝くじとは

組・番号などがあらかじめ印刷された宝くじ券を購入し、後日の抽せんで決定した当せん番号と一致したら当せん金を受け取ることができるタイプの宝くじです。

発売額やエリアによって「ジャンボ宝くじ」「全国通常宝くじ」「ブロック宝くじ」の3種類に分けられます。

参考:宝くじ公式ホームページ

 

筆者は普段宝くじを買った経験がないのでこんなにもいろんな種類があるとは思いませんでした。

 

たからくじ

参考:宝くじ公式ホームページ

1等の5億円に当選する方は、相当な強運の持ち主ですね!

読者の皆さんは5億円が当たったら何に使いますか?

筆者だったら、仕事を辞めて世界一周旅行に飛び出しますね。

収益金の使い道と社会貢献広報

最初にも述べた通り、平成28年度の宝くじの売り上げは8,452億円とのことですが、売り上げすべてが当選者に配当されているわけではないようです。

では、売り上げはどのように活用されているのでしょうか。

以下、このようになっています。

たからくじ1

参考:宝くじ公式ホームページ

グラフを見てみると、46.8%(3,959憶円)が当選者に配当される金額となっております。

印刷経費、売りさばき手数料などに1,038億円も使われているのですね。

確かに、街中いたるところで宝くじ売り場を見かけますし、一つ一つ違う番号でものすごい量を印刷しなければならないので、印刷経費もかさみますよね。

 

上記二つを除き、残りの金額は、地域での公共事業や、社会貢献の広報などに使われているみたいですね。

では、実際にどのようなものに活用されているのか見てみましょう。

地域での公共事業

宝くじ公式サイトの収益金充当事業一覧で、各都道府県、地域ごとに、何にどのように使われたのか、明確にしてあります。

是非、ご自身の出身地、お住まいの地域をチェックしてみてください。

どうやって使われているのか、用途が明確にされていて分かりやすいですよね。

ここで平成28年度の東京都の例をご紹介いたします。

 

「待機児童解消区市町村支援事業」

保育所整備に係る区市町村と事業者の負担軽減を図るため、独自の補助を実施。

参考:宝くじ公式ホームページ

 

さすが大都市東京、社会問題の一つに待機児童問題がありますよね。

 

たからくじ3

参考:東京都庁公式ホームページ

上記のように、待機児童は昨年に比べ3,172人減っていることが分かります。

 

たからくじ2

参考:東京都庁公式ホームページ

 

上記のように、宝くじが待機児童を減らすために役立てられているんですね。

共働き世帯が増える中、保育所や保育士の利用がさらに求められます。

早いこと待機児童問題が解消され、働きたいママが働くことができる社会を願います。

東京都以外では、主に高齢化少子化対策、防災対策、公園整備、教育及び社会福祉施設の建設改修などに活用されているそうです。

 

社会貢献広報費

皆さんは、こんな車、見たことありますか??

 

たからくじ4

参考:一般財団法人日本宝くじ協会

これは胃胸部検診車です。

 

胃胸部検診車の他にも、沢山あります。

たとえば
・献血車
・駅の駐輪場の整備
・公園の整備
・介護用の車
・車いす対応の車

など、様々なものに宝くじの売り上げが活かされています。

このように、宝くじは私たちの暮らしに役立てられているんですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

8,452億円の売り上げのうち、約40%が指定都市に納められ、このように地域に活かされていることが分かりました。

 

宝くじ、購入するからには当てたいですよね。

今年のサマージャンボ惜しくも当たらなかったあなた、落ち込まないでください。

あなたの買った夢は、今社会に役立てられています。

 

筆者も、宝くじはどうせ買っても当たらないと思っていましたが、買わなければあたらないものなのです。

今年の年末ジャンボ、筆者も運にかけて購入します!

支援の方法を知るカテゴリの最新記事