1000円寄付するとなにができるのかまとめ

1000円寄付するとなにができるのかまとめ

1000円あったら何をしますか?

話題の映画を見に行く?ちょっといいランチを食べる?それとも1000円カットでさっぱりする?

たまには社会貢献してみる、なんてのはいかがでしょうか。

 

1000円あれば解決に近づける社会課題がこんなにあるんです。

そこで今回は、「1000円寄付をするとなにができるのか」をまとめてみました。

 

寄付のメリット

たかが1000円寄付してなにが変わるの?なんて思っていませんか?

寄付は支援先だけではなく、あなたにとってもメリットがあるんです。

 

団体とつながりを持てる

サポーターになると、団体から定期的にメールやポストカードが届くことが多いそうです。

また、報告会や発表会などのイベントに招待されることも。

自分が行ったことが、どこで、どのように役立てられたか知ることができます。

忙しくて活動に参加は難しい方でも、無理のない範囲で活動に貢献することができます。

最新の情報を手に入れることができるので、常にアンテナがはられている状態になることができます。

 

節税

寄付のメリットでなによりも大きいのが、節税になること。

配偶者控除や勤労学生控除の仲間である「寄付金控除」という制度を使うことで、節税につながります。

基本的には確定申告が必要になりますが、「ふるさと納税」の一部では確定申告がいらないものもあります。

寄付金控除やふるさと納税について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

寄付で節税!?お金が帰ってくる!寄付金控除のしくみ

ふるさと納税で地方を応援!お互いおいしい仕組みの不思議

自分やこどものために

心理学的に、お金は人のために使ったほうが幸せになれると言われています。
東日本大震災のあと、日本人の幸福感について調べた調査によると、震災後は幸福感が悪化するどころか、改善していたそう。

さらに、寄付はこどもの教育にもメリットがあるとか。
こどもは大人の背中をみて育ちます。
親が社会貢献活動に寄与しているのをみて、こどもも関心を持ち始めます。
人のために手を差し伸べる姿を近くでみたこどもは、自然と他の人をたすけようとする精神が身につくでしょう。

寄付をすることによって得られるものについて、詳しくはこちらの記事をチェックしてみてください。

こどもの教育、幸福度、節税…寄付のメリットまとめ

 

1000円でなにになる?海外編

治療薬24人分

テラルネッサンス

参考:認定NPO法人テラ・ルネッサンス公式ホームページ

認定NPO法人テラ・ルネッサンスでは「地雷」「小型武器」「子ども兵」という3つの課題解決にむけて活動しています。

活動地域はカンボジア、ラオス、ウガンダなど。

このあたりの地域で、高い死亡率を誇るのはマラリアによる感染症。

テラ・ルネッサンスに1000円の寄付をすると、マラリアの治療薬を24人に提供することができます。

 

また、1000円の寄付を1年間継続すると、ラオスで不発弾を撤去する技術者の給料を、毎月支払うことができます。

 

人身売買取り締まりの研修4人分

かものはしプロジェクト

参考:認定NPO法人かものはしプロジェクト公式ホームページ

認定NPO法人かものはしプロジェクトは、世界中で行われている人身売買に対して活動をしている国際NGOです。

 

この団体では、そもそも人身売買が起こらないようにするため、取り締まりを行う警察官の教育を始めました。

警察官が加害者をきちんと取り締ることができるようにするため、カンボジア政府や他の国際機関と協力して、警察官に研修を提供しました。

 

1000円の寄付によって、4人の鉄道警察官が人身売買取締りの研修を受けることができます。

法律や逮捕の仕方、事件の証拠をおさえるシュミレーションなど、実践的な研修が行われています。

 

栄養強化ペースト300個

レッドカップキャンペーン

参考:国連WFP公式ホームページ

国連WFPは、正式名称「国際連合世界食糧計画」。

紛争や自然災害などの緊急時に食糧を届け、栄養状態の改善と強い社会づくりに取り組む、国際連合の機関です。

政府からの支援金だけでなく、個人や企業からの寄付も集めています。

 

学校給食支援をする「レッドカップキャンペーン」のロゴは、お菓子やインスタント食品などについているのを見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

国連WFPに1000円寄付をすると、乳幼児の栄養不足を防ぐための栄養強化ペーストを300個届けることができます。

 

動物虐待を100人に訴える

認定NPO法人アニマルライツセンターは、動物実験、殺処分問題など動物をめぐる課題全般にとりかかる団体です。

神事で動物たちの命が奪われていること、トレーニングと称して虐待同様のことが行われていることなど、動物たちをとりまく課題にフォーカスしています。

 

1000円の寄付で100人の人々に、動物たちの現状や問題を知ってもらうことができます。

参考:認定NPO法人アニマルライツセンター

1000円でなにになる?国内編

36人の施設出身の子どもにバースデーカードを送る

ブリッジフォースマイル参考:認定NPO法人ブリッジフォースマイル公式ホームページ

ブリッジフォースマイルは、児童養護施設から社会へ巣立つ子どもたちを応援するNPO法人です

児童養護施設とは、両親の他界、虐待を受けているなど、なんらかの理由で親や親族と一緒に住むことができないこどもが暮らす施設のこと。

法律上、18歳になると就職するしないに関わらず、この施設を退所し、一人で生活をしなければなりません。

 

この団体に1000円の寄付をすると、施設を退所したこども36人に、サポーターからの言葉を添えたバースデーカードを送ることができます。

施設を出たあとも、応援してくれる人がいることを実感できる支援です。

 

フリースクールの運営

「NPO法人ところ」では発達障がい、不登校、ひきこもりなどの小学生・中学生を対象として、安心して過ごせる場所となるフリースクールを運営しています

1000円の寄付が50人集まると、フリースペースを一か月運営するお金になり、経済的な理由でスペースを利用できないこどもが「低額」で利用できるようになります。

参考:NPO法人ところ公式ホームページ

 

1か月分のエサ、ワクチン1回分

NPO法人犬と猫のライフボート

参考:NPO法人犬と猫のためのライフボート公式ホームページ

殺処分されるはずだった犬や猫のために寄付することもできます。

NPO法人犬と猫のためのライフボートは、殺処分されるはずだった犬と猫を一時保護し、里親探しを行う団体です。

動物病院も持ち、施設の犬猫のための医療、また、外来診療も行っています。

 

NPO法人犬と猫のためのライフボートに1000円寄付すると、子猫1匹の1カ月分の缶詰、または子犬・子猫を病気から守るワクチン1回分になります。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

国内外問わず、たったの1000円でできる支援がたくさんあることがわかりました。

今回は一部しかご紹介できませんでしたが、きっとあなたが興味のある活動でも支援を待っています。

 

たまには他の人のために、なってほしい未来に投資をしてみるのもいいかもしれませんね。

 

支援の方法を知るカテゴリの最新記事