プレママ・プレパパ必見!マタニティーブルーについて調べてみた

プレママ・プレパパ必見!マタニティーブルーについて調べてみた

皆さんは、マタニティーブルーという言葉を聞いたことがありますか?

マタニティーブルーとは、簡単に言うと、妊娠中や出産後に気分が落ち込んだり不安に襲われたりする症状を指します。

もちろん、人によって症状の種類や強さは異なります。

 

諸説ありますが、30~50%の女性が妊娠、出産を通してマタニティーブルーになる傾向があります。

今回は、このマタニティーブルーについてフォーカスします。

赤ちゃん_足

マタニティーブルーとは

マタニティーブルーとは、妊娠中、出産後に起きる女性の精神的・肉体的な変化を表します。

症状の種類や大きさは、個人によって異なります。

マタニティーブルーの症状例として、

 

・気分がなんとなく落ち込み気味

・集中力がなくなる

・涙もろくなる

・少しの事でイライラしてしまう

・どんなに睡眠をとってもなんだか疲れが取れない

・何に対してもやる気が起きない

・身体がだるい、無気力

・些細なことで傷つきやすくなる

・急に不安に襲われる

・過食気味になる(もしくは少食になる)

・過眠気味になる(もしくは寝不足気味になる)

 

といった症状が見られます。

また、マタニティーブルーは、妊娠中だけではなく、出産後も起きます。

妊娠中と出産後に分けて、それぞれの時期のマタニティーブルーの症状を見てみましょう。

 

妊娠中のマタニティーブルー

 

妊娠中、要するに産前に起こるマタニティーブルーは、赤ちゃんを身籠った妊娠初期と、出産間近の妊娠後期に起こる可能性が一番高いとされています。

もちろん、上記以外の時期にも起こる可能性はあります。

妊娠すると、今までとは違う女性ホルモンが分泌されます。

生理前、女性はイライラしたり肌荒れしたりすると、よく聞きますよね。

その生理前に分泌される女性ホルモンと同じものが、妊娠中にも分泌され、イライラや肌荒れなどの症状が妊娠中にはさらに強くあらわれます。

 

妊娠とともに、女性の身体は徐々に赤ちゃんを出産する身体に変化していくのです。

今まで経験したことがない自分の身体、体調の変化についていけなくなり、いつもの自分からは想像できないような性格になってしまったりします。

また、新しい命が自分のおなかの中にいることに対して嬉しい反面、出産への不安や母親になることへの不安などが募り、精神的に不安定になります。

出産が近づいてきた妊娠後期になると、おなかも大きくなり、お手洗いに行くのも、椅子から立ち上がるのも大変になります。

 

また、出産を目前に控えた妊娠後期になると、緊張感がさらに増してきます。

赤ちゃんを無事に出産することができるのか、自分はちゃんと母親になれるのか、ネガティブに考えてしまい、さらにマタニティーブルーが深刻になってしまう場合もあります。

出産後のマタニティーブルー

出産後は、母乳を出すために妊娠中とはまた異なったホルモンが分泌されます。

このような急激なホルモンバランスの変化が、精神状態にも影響します。

 

また出産を終え、母親になったという実感とともに、ちゃんと子育てができるのかという責任とプレッシャーを感じます。

また、赤ちゃんが生まれて嬉しさもあるとともに、子育てからくる睡眠不足や疲労などから、ストレスを感じることもあると思います。

人間関係

周りの人との関係

妊娠・出産は、自分を取り巻く周りの人との関係にも変化があります。

 

パートナー

妊娠中・出産後、一番問題が起きやすいのはパートナーとの関係です。

パートナーとの関係が良くなる方もいらっしゃいますが、関係が悪くなる方のほうが多いのではないでしょうか。

 

それはもちろん、パートナーは男性です。

女性の気持ちが分かる男性は、中々いません。

男性は妊娠や出産を経験しないので、女性の気持ちを感じ取るのは難しいんです。

 

また妊娠中は、食べ物の匂いに敏感になります。

ご飯を準備しようと思っても、食べ物の匂いで吐き気を催すこともあります。

そんな時に、パートナーから「さっと作れるものでいいよ」と言われても、それだけでイラっと来てしまうんです。

 

パートナーも気を使って言ってくれたとは思うんですが、「それだったら自分で作ってくれ…」と正直思ってしまうんです。

 

しかし、マタニティーブルーは女性だけに起きるという断言はできません。

男性も、「自分が家族を守っていかなければならないんだ」というプレッシャーから、マタニティーブルーならぬパタニティーブルーを起こすパパが増えているそうです。

友達

妊娠・出産をすると、今まで通り思うように動けないことも出てくると思います。

外に遊びに行く機会や外食する機会も自然と減っていき、それによって友達と会う機会も減ってしまう、という方も多いのではないでしょうか。

自由

マタニティーブルーの解消法

①誰かと悩みを共有する

今は、インターネットで世界中の人と繋がることができる時代です。

近くに知り合いがいないけど、誰かと悩みを共有したい時などありますよね。

そんな時はインターネットを活用してみるのもいいかもしれません。

プレママ・ママのコミュニティーサイトがたくさんあるので、そこで相談してみるのもありだと思います。

②外出してみる

妊娠中は気分が悪く、家にこもりがちになることもあります。

無理しない程度で、外に出てみるのもいい気分転換になります。

別に遠くでなくても、近所を散歩するだけでだいぶん変わります。

③人と比べない

妊娠中の身体の調子、出産後の子育てなどは、人によって、家庭によって異なります。

他の人の意見やアドバイスは、参考にするぐらいでちょうどいいのではないでしょうか。

必ずしも、人と同じことが正しいとは限らないので。

④周りの人・サービスを頼る

自分でなんでも解決しようとはせず、上手く周りの人やサービスを頼りましょう。

思うように買い物に行けない場合は、ネットスーパーなどを利用してみるのもいいですね。

また、ベビーシッターサービスや家事代行サービスなどもあります。

1日だけでも利用してみると、良いリフレッシュにもなります。

何でも一人で完璧にこなすのは難しいです。

上手く頼れるところは頼りましょう!

デイジー

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マタニティーブルーについて、原因や解消法を知ることができました。

プレママ・ママを支援してくれるサービスはたくさんあり、多くの方が利用しています。

上手く活用し、少しでも負担を減らすことができるといいですね。

社会課題を知るカテゴリの最新記事