活動内容ではなく、関係性に寄付をする。【男性/20代/WEB系・飲食店等】

活動内容ではなく、関係性に寄付をする。【男性/20代/WEB系・飲食店等】

この記事はnoteより、

【寄付者インタビュー】活動内容ではなく、関係性に寄付をする。【男性/20代/WEB系・飲食店等】

原作者:いちろー@キフクリエイター見習いさんの記事の紹介しております。

 

寄付をする人ってどんな人なんでしょうか?寄付をしない人ってどんな人なんでしょうか?

自分の財布からお金を出すという点では、消費と一緒です。
けれども、「ずっと賃貸でお金を払い続けているのが、モッタイナイから資産となる不動産が欲しい!」「パソコンを壊したから、なるべく早く新しいものが欲しい!」「のどが渇いたから、飲料水を購入する」といった一般的な消費とは、なんだかちょっぴり違う気がします。

寄付者は、なぜ寄付をして、どのように寄付する先を選んで、何を期待しているのでしょう。
動機付けのされ方や、実際に支払うというアクションの起こし方など、寄付をする人のアタマの中を分解していきます。

 

今回寄付についてのお話を聞いたのはどんな人?

アイキャッチ-インタビュー001

性別:男性
年齢:20代後半
職業:WEB系
在住:東京

どこに寄付をしていますか?

  • 毎月定額の寄付をする

地域活性系団体
国際協力系団体(ワークキャンプ、スタディツアーなど)

  • プロジェクトがあるたびに寄付をする

難民支援系団体

  • 単発で寄付したことがある

教育系団体
子育て支援系団体
途上国支援系団体

 

応援するなら、大手よりベンチャー派

寄付するということに対して、抵抗はありません。
ただ「さあ、寄付しよう!」や「寄付する先を探そう!」と、自分から寄付する先を探したことはないですね。

寄付をする先にもルールがあって、国際的な範囲で活動しているような、大手の非営利団体への寄付にはしていません。

 

大手の団体は

  • 認知度も高く、充分に資金があるので、自分が寄付をする必要性を感じない
  • 歴史もあり、長く活動しているので、自分が寄付したことによる差異がわからない
  • 寄付の用途例の説明されているが、実際にはどうなの?と寄付の行き先が見えない

からです。

 

なので

  • 認知度が低く、充分に資金がない
  • 寄付の用途がわかりやすい
  • 創業から間もないので、支援したことによる差異がわかりやすい

といった団体に対して、継続寄付や単発寄付を行っています。

 

要するに「応援するなら、大手よりベンチャー派」です。

 

成果がちゃんと見えるか

寄付する団体との出会い方もさまざまです。

例えばFacebook経由でのクラウドファンディングでの支援の呼びかけを見たり、知人に誘われたイベントでの登壇していた団体などですね。

非営利団体のコンセプトや活動内容、問題解決のアプローチを聞いたり、見たりして「いいね!」と共感すれば、わりと簡単に寄付をしています。

ただこの場合、単発の寄付になることが多いです。

 

支払った後は、自分の払った金銭で納得できる成果に繋がっているか、を自分の行った寄付の判断軸になっています。

例えばクラウドファンディングでの支援の場合は、プロジェクト達成後に報告書などのリターンはありますが、報告書には必ず目を通します。

プロジェクト実施前と実施後でどのような変化があったかを見て、わかりにくいと「う~ん……」となってしまいます。

なので、どのような成果を出しているかを写真などを使って、わかりやすく伝えてくれると嬉しいです。

 

活動内容ではなく、関係性に寄付をする

継続的に支援している団体は、活動内容や活動団体よりも、活動している個人と先に出会っている場合が多いです。

その人と出会って、「面白いやつだな~」と思ったり。

人対人で関係性ができていく中で、「一緒に何かやろうぜ!」と始まり、プロボノ・ボランティアとして、関わっていったり。

そうしているうちに、継続的な寄付支援を行っています。

 

距離感が近いので、活動報告を貰って、読み込むというよりは、活動報告が自然に入ってくる状態です。

単発寄付にはない、ある種の仲間意識やメンバー意識があって、活動内容などに不服なことがあれば、外部の批判者となるわけではなく、活動の当事者として、変えられないかとアプローチします。

 

自分自身は子どもの支援や、教育系、農業系などというテーマに対して、興味や関心があります。

アンテナが立っていることもあり、外部から得る情報として、テーマに沿った活動の話を得ることが多いです。

実際に継続的に寄付をすると考えると、活動内容よりも先に人に出会い、得た関係性に対して、寄付をしています

だが、関係性をつくるために寄付をすると、結局は単発での寄付など短い関係性で終わってしまっています。

継続的に関わり続けることによる、仲間意識やメンバー意識など、関係性ができたその先に寄付がありますね。

 

 

寄付者インタビューのご協力、ありがとうございました!

きふるでは、「なぜその課題に向き合おうと思ったのか」「なぜ寄付をするのか」といった支援者の想いを知ることで共感を生み、支援の輪が広がっていく考えております。

あなたが社会課題に取り組む理由をお聞かせください。

お問い合わせ

インタビュー記事カテゴリの最新記事