真摯に活動しているか、真摯に伝える努力をしているか【男性/30代/WEB系】

真摯に活動しているか、真摯に伝える努力をしているか【男性/30代/WEB系】

この記事はnoteより、

【寄付者インタビュー番外編】真摯に活動しているか、真摯に伝える努力をしているか【男性/30代/WEB系】

原作者:いちろー@キフクリエイター見習いさんの記事の紹介しております。

 

寄付をする人ってどんな人なんでしょうか?寄付をしない人ってどんな人なんでしょうか?

自分の財布からお金を出すという点では、消費と一緒です。
けれども、「ずっと賃貸でお金を払い続けているのが、モッタイナイから資産となる不動産が欲しい!」「パソコンを壊したから、なるべく早く新しいものが欲しい!」「のどが渇いたから、飲料水を購入する」といった一般的な消費とは、なんだかちょっぴり違う気がします。

寄付者は、なぜ寄付をして、どのように寄付する先を選んで、何を期待しているのでしょう。
動機付けのされ方や、実際に支払うというアクションの起こし方など、寄付をする人のアタマの中を分解していきます。

今回寄付についてのお話を聞いたのはどんな人?

 

寄付者インタビュー005性別:男性
年齢:30代前半
職業:NPO×WEBマーケティング
在住:東京
出身:石川
・・・はい、自分です。

 

少しずつ団体のことを知っていった

寄付をしているのは、認定NPO法人Hoomdoorさん。

ホームレスの再出発支援をしている団体です。

 

最初に団体名を認知したのは、2,3年前の前職時代です。

前職では、非営利法人を700団体以上、WEB上にプラットフォーム化しているgooddoで働いていました。

gooddo

自社サービスを取り扱う中で、団体名だけ認知していたというのが正しいです。

当時は「たくさんある団体のうちで1つ」という認識でした。

 

その後「社会イノベーター公志園」というイベントで、代表の川口さんのプレゼンテーションを聞く機会がありました。

そこでその想いと行動力に、感銘を受け、「複数ある推し団体の1つ」に。

 

Googleインパクトチャレンジで、その活動の広がりが社会に対するインパクトを与えるであろうと、強くイメージが湧きました。

ここで、「期待と尊敬する団体」になりました。

Googleインパクトチャレンジ初回認知から、活動内容やその想いを知り、社会にもたらす影響まで理解することができました。

だけど、まだここでは寄付してません。笑

はじめ、寄付へのハードルは高かった

寄付をしたのは、「サポーター1,000人キャンペーン特設サイト」を知ったのがきっかけです。

まずハッとされたのは、「ハッキリと、明確に、寄付を必要としていることを社会に示すこと」が重要だということ。

 

心の中で「良い団体!」「期待できる団体!」「尊敬してる!」「社会に必要な団体だ!」「私にできることあるかな?」と思っていました。

けれど、『寄付をする』というアクションへの心理的ハードルは高くて遠かった。

 

「社会をより良くするために、これまで何をしてきて、何が足りなくて、だから○○円必要なので、ご支援(寄付)をお願いします」とハッキリと示すから、「おお、なになに?ちょっとお話伺いましょうか?」となる。

そして興味付けされた私が読み進めて行くなかで、気持ちが離れてしまう前に『寄付をする』というアクションに繋がるように、共感を積み上げていくわけです。

  • ああああ

自分がホームレスになったら、ここに住みたい

寄付者インタビューを始めたキッカケに書かれているように、人が共感し、動機付けされる要素は多種多様です。

 

  • 社会課題の背景、原因、構造
  • 受益者のストーリー
  • 支援活動を始めたキッカケ、想い
  • 課題解決のためのアクション、必要なこと
  • 第三者の応援メッセージ、評価、表彰

 

などですね。

私が団体の活動で、共感をしたのはこの部分。

ホームドア1

参考:認定NPO法人Homedoor公式ホームページ

 

これを見て「もし自分がホームレスになったら、ここに住みたい」と思いました。

自分はホームレスになったことはありませんが、共感の高まりが、受益者と自分を重ねていったわけです。

ここで「なんかしなきゃと」気持ちが盛り上がりました。

 

真摯に伝える努力をしている

そしてダメ押しがこちら。

ホームドア1000キャンペーン

 

「もし自分がホームレスになったら、ここに住みたい」と思った環境を作るためには、どれほど費用が掛かるのか。

なるほど、毎月1,000円払えば、これが実現するのか。

 

ここまで具体的に説明されると、伝えるために真摯に向き合っているなと尊敬しました。

そして私は寄付する気満々で、スマホを閉じたわけです。

 

それから数週間、色んな人に「良い団体ありますか?」「いい伝え方ないかな?」と質問されるたびに、この団体を紹介してました。

要するに『勝手にセールスマン』化してました。

 

何人かに紹介したところで、「あれ、そういえば俺まだ寄付してないじゃん」と思い出しました。

そこから改めてホームページを探し、寄付をしました。

 

社会課題と真摯に向き合い、真摯に活動し、真摯に伝える努力をしていること。

これが私が寄付した理由です。

 

 

寄付者インタビューのご協力、ありがとうございました!

きふるでは、「なぜその課題に向き合おうと思ったのか」「なぜ寄付をするのか」といった支援者の想いを知ることで共感を生み、支援の輪が広がっていく考えております。

あなたが社会課題に取り組む理由をお聞かせください。

お問い合わせ

インタビュー記事カテゴリの最新記事