引退した競走馬にセカンドキャリアを|吉備高原サラブリトレーニング【動画紹介】

引退した競走馬にセカンドキャリアを|吉備高原サラブリトレーニング【動画紹介】

NPO法人吉備高原サラブリトレーニング

 

NPO法人吉備高原サラブリトレーニングでは、引退後した競走馬たちのセカンドキャリアを支援しています。

一人でも多くの人に引退した競走馬たちの現状を知ってもらい、1頭でも多くの引退馬を救うために、日々活動しています。

 

あの競走馬たちはいま?

吉備高原サラブリトレーニング01

 

あの日活躍していたサラブレッドは今?

もう一度輝けるステージをみんなの手で

 

馬の寿命は25~30年。

けれども、競走馬の多くは4~8歳で引退します。

 

引退後の競走馬は、一体どんな生活を送っているのでしょうか?

残念ながら、引退した競走馬をサポートする仕組みはありません。

 

そこで立ち上がったのが「サンクスホースプロジェクト」

騎手の武豊(たけ ゆたか)さん、福永祐一(ふくなが ゆういち)さん、宮路満英(みやじ みつひで)さんといった著名人も、この取り組みを応援しています。

一頭一頭に寄り添うトレーニング

吉備高原サラブリトレーニング02

 

引退競走馬を調教しセカンドキャリアを

その為には多くの見えない費用が必要

 

引退したサラブレッドは、必ずしも健康であるとは限りません。

厳しいトレーニングを受けていたため、身体的に故障していたり、精神的ダメージを負っている馬も少なくありません。

 

まず休養させたり、精神的な不安を取り除いたりと一頭一頭それぞれに合った方法で、無理がないようリトレーニング行います。

 

そのリトレーニングをするにも、多大な資金が必要です。

例えば、エサ代、馬房の管理代、手術費や医療費、スタッフの人件費、馬の輸送費などがかかります。

 

NPO法人吉備高原サラブリトレーニングでは、ふるさと納税による寄付金を集めています。

ふるさと納税の対象となっているのは、岡山県吉備中央町。

涼しい気温と豊かな自然が特徴の町です。

 

全国の競馬ファン、乗馬ファン、吉備中央町のファンの方々が、ふるさと納税でこの活動を応援しています。

 

引退馬の可能性を広げる

吉備高原サラブリトレーニング03

人と馬のコミュニケーション

未来を照らす活動にあなたの力を

 

リトレーニングを受けた馬たちは、いろいろな場所で活躍しています。

 

たとえば「セラピー馬」となってこころを穏やかにさせてくれたり、「乗用馬」となって乗馬の普及のために活躍したりなど。

 

競馬ファンとしても、引退しても大好きな馬に会いに行けるなんて嬉しいですよね。

 

NPO法人吉備高原サラブリトレーニングでは、馬たちの管理業務を障がい者就労支援A型事業所に委託しているそう。

清潔な飼育環境が常に維持されるだけでなく、障がいを持った方の雇用対策としても役に立っています。

 

引退競走馬をオリンピックへ

吉備高原サラブリトレーニング04

岡山県吉備中央町にも多くの方が

全国の皆様の手で未来の五輪へ挑戦!

 

2018年9月現在、18頭の馬がリトレーニング中!

 

なかにはオリンピックの馬術競技に出ることができるようにトレーニングしている馬もいます。

元々速く走るためにトレーニングを受けていた馬たちが、馬術馬として再び活躍することは、不可能なことではありません。

 

1頭でも多くの引退馬を救うために、あなたの支援を届けてください。

アイキャッチ-吉備高原サラブリトレーニング05

NPO法人吉備高原サラブリトレーニング

『熱狂を呼んだ競走馬の命を守り、第二の馬生を』

 

NPO Marketing Labo

「社会課題を定義し、価値を創造し、解決する仕組みをつくる。」

動画制作依頼など、NPO Marketing Laboへのお問い合わせはこちら

NPO-Marketing-Labo

 

活動を知るカテゴリの最新記事