自然環境復元のスペシャリスト「環境再生医」|自然環境復元協会【動画紹介】

自然環境復元のスペシャリスト「環境再生医」|自然環境復元協会【動画紹介】

認定NPO法人自然環境復元協会

 

認定NPO法人自然環境復元協会は、自然環境復元のスペシャリスト集団。

 

1990年に設立された、歴史のある団体です。

英語で表すと、「Association for Nature Restoration and Conservation,Japan」

NAREC(ナレック)と呼ばれることも多いようです。

 

初心者でも気軽に始められる環境保全ボランティア「レンジャーズ プロジェクト」

自然環境の基礎から専門知識までを学び、活動する「環境再生医」

など、さまざまな形で「自然環境を守りたい!」という声にこたえています。

 

今回自然環境のスペシャリスト、「環境再生医」をご紹介いたします。

 

わが町の環境のお医者さん

自然環境復元協会1

 

通信・情報など【デジタル技術】で、環境を支える環境資格【環境再生医】

 

この「環境再生医」は、認定NPO法人自然環境復元協会による資格の名称です。

「わが町の環境のお医者さん」の意味から名付けられたそう。

 

SDGs(持続可能な開発目標)のうち、「生物多様性」「環境経営」に取り組む人を対象として、講習会が開かれています。

 

自然環境復元協会2

 

生物多様性、温暖化、持続可能など、ITでの取り組みを形にする資格です。

 

「持続可能な開発(Sustainable Development;SD)」は、環境保全の共通理念として広く浸透しています。

環境をまもりつつ、開発をしていくことが大切である、という考えです。

 

その後、2000年にミレニアム開発目標(Millennium Development Goals;MDGs)が採択されました。

さらに、2015年に「持続可能な開発目標(Sustainable Development GoalsSDGs)」が国連で採択されました。

SDGsでは、「貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすること」を目指しています。

幅広い業種や立場から

自然環境復元協会3

 

木を植えるだけでは森は育ちません…

ゴミを拾うだけでは海は戻りません…

 

地球レベルで深刻化していく環境問題は、国家や国際機関だけで解決できるレベルをこえてしまいました。

持続可能な社会をつくるために必要になってくるのは、幅広い業種や立場からの取り組みです。

 

自然環境復元協会4

IT・デジタル技術だから出来る、これからの【環境の守り方】がある。

 

自然環境復元協会5

ITの環境保全を形にする資格【環境再生医】

「環境再生医」は全国に5,000人。

 

・建設業などで環境やグリーンインフラに携わる方

・金融機関のESG投資担当者

・環境保全活動を行っている一般市民の方

・生物多様性に配慮した農林漁業従事者

 

など、あらゆる分野の人達が活躍しています。

『自然とヒトの関わりの再生』について、改めて考えてみませんか。

 

NPO Marketing Labo

「社会課題を定義し、価値を創造し、解決する仕組みをつくる。」

動画制作依頼など、NPO Marketing Laboへのお問い合わせはこちら

NPO-Marketing-Labo

活動を知るカテゴリの最新記事